年会費やサービス特典を比較するクレジットカードの選び方

クレジットカードを選ぶクレジットカードを選ぶ時には、年会費の有無や、付帯サービスの内容も考慮に加える必要があるので、大変です。

年会費が無料で、デパートや量販店と提携しているクレジットカードが多くなっています。

どれがいいか決めかねている人も少なくありません。

クレジットカードを使う場面は多くなっており、大きな買い物に限らず、百貨店や量販店での気軽な買い物でもカードが使えるようになりました。

年会費無料のクレジットカードや、それぞれの魅力的なサービス特典があるので、加入を悩むケースも多いでしょう。

クレジットカードをたくさんつくりすぎて把握しきれなくなったり、せっかくのサービスの存在を忘れていたりということもありえます。

自分にとってお得に感じるクレジットカードのサービスは何かをしっかりと考えなければ、せっかくのカードのサービスが無駄になるでしょう。

現金がなくてもカード決済ができるクレジットカードをどのように使うかについても、自分のニーズを満たせるものを選択してください。

クレジットカードを選択する時には、そのサービスをどのくらい自分か使うかも考えてみる必要があります。

クレジットカード会社の多くはポイントサービスと連動していますが、ためたポイントで何ができるのかを調べておくことはとても大事です。

自分が良く使うサービスで利用できるポイントに交換可能となっているクレジットカード選んだ方が、お得感を実感できます。

よく買い物をする店のクレジットカードは、割引がついていると便利です。

クレジットカードの年会費がどのくらい必要になるかは、会社によってまちまちです。

年会費が永年無料というところもありますし、初年度だけ年会費がかからない会社、条件付きで年会費無料になる会社等があります。

自分の使い方やライフスタイルに合ったクレジットカードの選び方

現金が不足しているクレジットカードを財布の中に1枚入れておけば、現金が不足している時でも、安心して対処することができます。

最近は、クレジットカードと提携している店舗がふえていますので、カードがあれば大抵の買い物をすることができます。

このように大変便利なクレジットカードですが、いったいどこの会社のものを持てばいいのか悩みます。

普段どんな使い方をしているかで選び方は変わってきますが、実は選択する方法はとても簡単です。

大きな買い物をする時はどこに行くか、移動手段に用いるものは何か、生活用品の買い物はどこでするかなどを基準に考えみてください。

クレジットカードのポイントを効率的に貯めたい場合は、日頃からよく買い物をすることにフォーカスしてみるといいでしょう。

年会費の不要なクレジットカードを選ぶかどうかは、ある程度目星をつけておきましょう。

毎年、一定の年会費がかかるようなクレジットカードの場合、海外旅行時の損害保険がついていたり、ポイントの期限が設定されていなかったりします。

クレジットカードを利用する頻度が多い人は、年会費以上のメリットを得られますが、あまり利用しない人は年会費無料のものを選んだ方が無難です。

クレジットカードを所有する大きな魅力と言えば、ポイントが貯まっていくことです。

カード決済をする頻度が多くないという人でも、水道光熱費や、携帯電話の料金をクレジットカードで支払うことで、毎月一定のポイントをためることが可能になります。

1ポイントが何円の換算になるのかや、カードでいくら決済するとポイントがどのくらい入るかは、クレジットカードごとに違います。

フリーローンの利息の高さについて

キャッシングサービス銀行のローンと比べて、消費者金融のローンのほうが高金利なのは、一体どうしてでしょう。

フリーローンは、消費者金融会社のキャッシングサービスの一般的な形です。

借りたお金を何に使ってもいいという前提で融資を受けられることが、フリーローンの特徴です。

銀行からの融資は、何を買うためのお金なのかを明示することが多いようです。

銀行の審査では、借りたお金をどう使うのかも、審査内容に含まれています。

住宅ローンのように比較的リスクの低い融資の場合には利息は低くなります。

これに対して、起業に必要なお金を融資するなど、返済が不能になる可能性があると金利は高くなります。

借りたお金をどうするのかによって銀行は貸付条件を決定しますが、フリーローンは何に使ってもいい分、金利はやや高めです。

消費者金融のフリーローンは、金利が20%弱になることもありますが、銀行の住宅ローン借り入れは1%以下ですので、相当な違いになります。

フリーローンは、借りたお金をどんなふうに使っても構わないのですが、それは金融会社にとっては高リスクを意味します。

生活費や、必要経費に使うためにフリーローンの申込みをするという人の中には、借りたお金の返済見込みが立たないような人も混じっています。

消費者金融でフリーローンを利用するときは、できるだけ借りる額は少なくすることと早めに返済することが重要になります。

フリーローンのメリットとデメリットについて

新規でフリーローンを利用したいもしも、新規でフリーローンを利用したいと考えているならば、フリーローンを使う時に配慮すべきことを理解しておくといいでしょう。

カードローンはフリーローンとほぼ同じですが、異なることもあります。

限度額以下の金額なら、返済後に再び借り入れができるので、カードローンはいざという時に重宝します。

フリーローンの場合、借りたお金を返したら、そのローンはそれで終了です。

次の融資申込みにはまた審査が必要です。

繰り返し融資を受けることができないことは、フリーローンの不利なことだと感じる人もいますが、一回一回お金を借りて返す形のほうが、完済しやすいという利点があります。

毎月給料日前にはお金が足りなくなるといった自転車操業で借金を返済している人には、追加で借入れが出来ないフリーローンは向かないといったデメリットもあります。

同一のキャッシング会社がフリーローンも、カードローンも取り扱っている時、カードローンが金利が高いのは、貸付条件の違いによるものです。

また、融資を受ける時には申込み内容に基づく審査がありますが、審査の内容はフリーローンのほうがハードルが低めです。

融資金の完済を想定してフリーローンは融資をしますので、完済を目指す顧客のほうが信用が高いと判断されるためです。

繰り返し融資を受けることを想定しない人や、金利が低ければ低いほどいいという人は、フリーローンを希望して申込みをするといいようです。

ただし、カードローンは、フリーローンと違って申し込んだその日のうちに融資が受けられる、即日融資のサービスがあります。

フリーローンは申し込みをしてから融資までに1週間程の時間がかかるので、急ぎでお金が必要な人には不向きと言えます。

フリーローンはどんな使い方もできる自由なローン

フリーローン金融機関が扱う金融サービスの一つに、フリーローンがあります。

フリーローンの対象は、個人になります。

審査に基づき信用を担保にしてお金を貸すので、無担保、無保証人で借りられます。

使途が自由なことが、フリーローンの特色です。

事業に使うこと以外なら何でもいいので、結婚式の費用や、宴会の参加費などにも利用可能です。

金融機関から融資を受けて、返済を済ませると一回のローンは終了で、追加の融資はありません。

自動で口座から返済金が引かれていきますので、残高さえ気をつけていれば返済ができます。

より金利が低い融資を受けたい場合は、大手の銀行がおすすめです。

ただし、銀行のフリーローンは審査のハードルが高めに設定されていて、年収や、勤続年数によっては断られることもあります。

過去のキャッシング履歴だけでなく、申込み者の年収や職業、一定の勤続年数はあるかなど、色々な角度から審査では調べられます。

大手の銀行にこだわらずとも、地方の銀行でも低い金利で融資を受けられる見込みがあります。

また、インターネットに店舗を展開しているネットバンクは、簡便な手続きがローンが利用できます。

居住地か、勤務地が、地方銀行のある地域と同じであれば、フリーローンの申込みをすることができます。

収入が高くなくても、給与口座を持っているなどの条件で、融資が受けられるところもあるようです。

地方銀行や、ネットバンクは、大手銀行の融資が難しい時に、利用の可能性を考慮するといいでしょう。

一度借りて、借りたお金を返済すれば終了という仕組みになっているフリーローンは、限度額までなら何回でも借りられるカードローンよりも審査は緩いといいますが、それでも収入や、勤続年数など、審査で重視される項目は存在します。

Posted by らーめん女


PAGE TOP